« January 2009 | Main | March 2009 »

February 2009

February 25, 2009

駄目でしょうそれは

スーパーでよく使う電子マネー「Edy(エディ)カード」を、今日の今日までレジの人に「イーディーでお願いします」と笑顔で渡し続けていたことのヤバさ恥ずかしさに気がついた41歳の春。


〇| ̄|_


人生、生涯学習ですね。



February 24, 2009

サプライズ

Ran









母より「事務所用に観葉植物送ったから」とメール。

嬉しいよりもまず警戒。 というのは、母という人はこの流れでバスケットボール大の金シャチとか平気で送ってきかねない人だからです。

しかし届いたのはマトモな蘭。 ほっと胸をなでおろした次第。

猫じゃま。


おくりびと

とりましたね。 おめでとう。


身近な人の死を経験したことのある人だったら みんなこれ観て涙しただろうと思う
身内の葬式にまだ出たことのない私が 思い出したのはやはり師匠のこと

ただ私の場合 御故人様のお姿を見ていない
なにしろ あれはまだ夏の暑さが残る頃のことだったし
状況が状況でもあり 納棺の儀どころではなかったらしい
ニュースを見てびっくりして電話したら 御故人様のお母様はすごくばたばたした様子で
今出棺が済んだとこなの また落ち着いたら連絡するわね と言った

宙ぶらりんになった私はどうしたらいいかわからなくて
とりあえずその日は一日中泣いていたのを覚えている
泣く という行為は悲しいから泣くというより
何かものすごいショックから自分を守るための機能なのだ と知った

御故人様はあらかじめ自分に与えられた運命を知っていたようで
亡くなる前の晩 私の夢の中に報告にやってきている
霊体験丸出しでまことに恐縮なんだけど
夢の中で 師匠はニコニコ笑いながら 俺死ぬのよ これできみデビューできるぜ と言った

その言葉の意味がわかったのはそれから半年経ってからのこと
ある日 出版社の人からメールが来て
御故人様のことを調べていたらあなたのブログを見つけました と言われた
作家を志しておられるようですが うちから出す気はありませんか と

後日 この話を知った御故人様のお母様から訊ねられた
なんで私のところでなく あなたの夢に出たのかと
誤解を解くためにすぐに答えた
それは私と御故人様とのあいだに距離があったからです 
私だって 近すぎる人のことなんか何も見えやしません と

それはおそらく本当のこと
師匠が私のとこにやってきたのは
絆がどうこういうよりは
ただ単になかなか芽が出ない私のことが心残りだったのだと思う


あれから 4年
相変わらず私はヨタヨタ でもおかげでどうにかやっている
昨日 ニュースで自殺者が11年連続で3万人超えたと聞いたけど
そういう話を聞くたびに こらえて欲しいなァ と思う
だって 踏みとどまって生きていたら必ずどうにかなるんだもの
同じ人生 どうせなら笑って過ごした者の勝ちなのよ


February 23, 2009

アカデミー賞

今朝の会話。

私「ねー、アカデミー賞とオスカーって、どっちが権威ある賞なの?」
夫「・・・・・・」


この年まで知りませんでした。 たぶん、相当恥ずかしいことなんでしょうね。
ちなみに私、作家修行時代、本屋さんで「新芥川賞発表!」と書かれた広告を見て、「そうか芥川賞の他にそんな賞もあるのか」と思い、師匠に「わたし新芥川賞だったら狙えるかも」と言ってのけた過去があります。

おくりびと、とれますように。


February 21, 2009

月下美人

Salon2









友達来たので新しい事務所「サロン・ド・ルージュ」(笑)へご案内。
ドアを開けるなり彼女の第一声「生活感な~い」。(まあ、暮らしてないからね)
和菓子とお煎茶でティータイム。 近所の和菓子屋さんで買った「椿餅」というのが美味しかったです。
すごいね、きれいね、ホテルみたい、と誉めてもらっていたのですが、ふと彼女の視線が部屋の隅の一点に釘付けになっている。

「あの一角だけ、なんか『趣味の園芸』って感じなんだけど」

Salon1









説明さしてもらっていいですか。
これ、月下美人の苗なんです。
一年に一度だけ、一晩しか咲かないっていうアレです。
実は新しいこの部屋のフレグランスに月下美人のアロマを使ってて、どうせならナマの花も置いちゃえ、とネットで月下美人の鉢植えを探してたんですが、大人気なのかどこも売り切れ、かろうじて某販売店で苗を注文することができたのです。

ところが、届いた苗を見て絶句。
ご覧の通り、ここまで部屋のレイアウトを乱すとは思いませんでした。
友人いわく、「あの一角だけうちの母親がやってる喫茶店みたい」。
(彼女の実家は富山にあります)
月下美人が、サボテン科の植物とは知りませんでした。
おまけにこの苗、花が咲くまで何年もかかるんだとか。
しかし背に腹はかえられず。 どなたか観葉植物の促成栽培法教えてください。


February 20, 2009

セラビ

Ame



昨日洗車したら、今日は雨。
うちは青空駐車場です。
ふんぱつして、手洗いにしてもらったらこれだ。
ああどうかこの雨、こないだみたいに黄砂入りじゃありませんように。

関係ないけど、マイ青春ソング

80年代のヒット曲です。 
歌詞がけっこう好きだった。 ロビー・ネヴィル、今どうしてるんだろ。 そういえばこの人、当時松田聖子とデュエットなんかもしてたっけ。

聖子様の話が出たので、ついでにもう一曲あげちゃいます。

Seikoの大コケした海外進出狙いの意欲的第一作。 ですが、今こうやって見てみるとなかなか悪くないのです。 何よりも聖子様、なんだかんだいって歌完璧なんだもん。


February 18, 2009

おにぎり降臨

Onigiri









ないですかあ。 あつあつご飯に焼きたての鮭で握ったおにぎり食べたくなる瞬間って。
急にそんな「鮭おにぎりの精」が降りてきたので、早速鮭を焼いて握ってみました。
お味噌汁の具は豆腐と小松菜。 私だけならこれで十分なんですが、肉がないと嫌だというブーイングが出たのでヒレカツもつけたりして。
世は受験シーズンですね。 トンカツのコーナーに、ゲンを担いだポップ広告がこれでもかと踊ってました。
いわゆる「テキニカツ」っていうやつです。
受験生の皆さん、頑張って。 私も原稿頑張ります。



February 16, 2009

隙間生活

Gookiniiri









朝から惰眠をむさぼるグーちゃん。
「Victor」と読めるのは、テレビのよこに設置したスピーカーです。
レンガを立ててその上においてあるのですが、そこの隙間が気に入ったようで。
猫ってどうしてこう狭いところが好きなんでしょう。 どうでもいいけど、夜中にケージの中で騒いで人の睡眠をさまたげるのはやめてね。


February 14, 2009

10年目にして

友あり、遠方より来る。

彼のために取り寄せておいた漢方薬の袋を手に、彼がプロデュースしたという映画の打ち上げ会場の店にゆく。
『鎧 サムライゾンビ』という今月14日公開のその映画には、こないだの鍋で一緒だったいしだ壱成君も出ている。 私も試写でみたけれど、コメディともホラーともつかない、それでいて奇妙な味わいのある面白い映画だった。
店には監督の坂口拓君も来ていて、私の手にした漢方薬になみなみならぬ興味を示してくる。

実は私、昔からこの坂口君が苦手だった。

彼は友の監督映画「VERSUS」で主演していて、私はその映画のパンフレット推薦文を書かせてもらった時に紹介されたが、初対面の時から何を喋ったらいいのかわからなかった。
大抵の人とは何かしら話題を見つけて喋れるのに、この坂口君だけはどっからとりついたらいいか見当がつかないのだ。 そうでなくても素手で熊を倒したとか、いろんな逸話を聞いていて、接客業10年の経験で培われた私の社交スキルは完全に敗北した。

おまけに、初めて私を見た時の彼の第一声がこれであった。

「潤っていませんね」

その日、帰りに半泣きになってドラッグストアに駆け込んで、コラーゲンの錠剤を山ほど買ったのを昨日のことのように覚えている(そういう問題じゃないのに)。

今までの人生の中で、私がコミュニケートできなかったのはこの坂口君ともうひとり、師匠に紹介された元赤軍派議長の塩見孝也さんだけだった。
そしたら、つい最近、「実録・連合赤軍」という映画で坂口君が塩見議長の役をやっていたので驚いた。
自分が心の中に正しい目を持っていたんだと実感した瞬間だった。

で、その坂口拓君と、今日初めて少しだけ喋った。

「拓君、私はあなたが苦手です」

すっとした。

すっきりした。

ずっと、これが言いたかったんだわ、私。

ところが坂口君、気を悪くするどころか、飄々と笑うだけ。 そして、

「相変わらず潤っていないんですか」


よく考えたら、熊が勝てないような相手に勝てるわけないんです。
敗北ついでに記念撮影してもらいました。 10年目にして初ツーショット。 ご覧の通り、とっても距離が遠い感じです。

Takchan








坂口拓監督映画『鎧 サムライゾンビ』は2月14日(土)よりシアターN渋谷ほか全国にて順次公開。


February 13, 2009

闇鍋

清田益章くんちで鍋パーティ。
紅緒ちゃんの友達呼んでー、と言われ、私が声をかけたのは桐島ノエルちゃん、ほしのゆみちゃん、いしだ壱成君の三人。 遅れて魚谷佳苗ちゃんもやってきて、夜中過ぎまでまったりトーク。

ここまで脈絡のないメンツだと、話題は格闘技からスピリチュアルまでとどまるところを知らなくて、ビール、日本酒、ワインなど、いろいろ買って持ち寄ったのがあっという間に底をつく。 
人生、生きてると時には極めて不本意なこともあるけれど、最終的には自分の意志だよね、みたいな会話で盛り上がる。 一生懸命に生きていない人はこの世にはひとりもおらず、だったら、会う人ごとにそういう一生懸命な部分で関わっていこうじゃないか、と最近思うのです。

料理上手の清田君は鳥鍋やら海鮮鍋やらいろんな料理をつくってくれて、出されたグラスもキンキンに冷えてて、まさにMr,気配り君。 宴の半ばには得意のスプーン曲げも披露してもらったりして、闇鍋みたいなメンツの宴がすごい楽しい時間になったのでした。

Nabe0213



ノエルちゃん、壱成君、清田君と。 頑張っていきまっしょい


February 07, 2009

お引越し

Salon



仕事場の引越し、無事終了。
すみません。 そういうわけで、更新すっかりあいてしまいました。


去年の秋ぐらいからずっと部屋探ししてたんですが、なかなかいいお部屋が見つからず、「まあいいか、すぐでなくて」と思っていた矢先に出会ったこの部屋。 ドアを開けた瞬間、「ここだっ!」とすぐわかりました。
今年はこのお部屋で長編小説を書くことになりそうです。 なるべく助けてもらえるよう、観葉植物ドカドカ入れたりして。 
今回の部屋のコンセプトは「エンヤが似合うお部屋(笑)」。 マイミクのロトさんが「多重録音の女王」と書いてるのを読んで吹き出してしまいましたが、エンヤはひとりしかいないからしょうがないんじゃないでしょうかと。


しかしあれですね、IKEAってひとりで行くもんじゃないですね。
買うもん決まってるし車だからいいか、と思い立ってひとりで出かけてみたら、まあ周り中、カップルに親子連れだらけ。 そのいたたまれなさったら、さながら「ひとりディズニーランド」です。
帰って、夫に涙ながらそのことを訴えたら、
「ひとりディズニーランドのどこがまずいの?」
我が夫は三年前に「結婚できない男」というテレビドラマを書いてますが、あれで阿部寛が演じた桑野信介のキャラクターはほぼ夫です。 おうちで指揮者にひとり焼肉、独身のみぎりは「ひとりディズニーランド」を楽しんでいたという彼に、私がIKEAで味わったアウェー感などもちろん理解してもらえませんでした。


そんなこんなでドタバタしてましたが、ようやくもろもろ落ち着いてきたのでまたお仕事頑張ります。


February 02, 2009

進化か?

Dani1Dani2









昨日「ヘルボーイ2」観に行ったんですが、向かいの映画館に上のふたつの看板が並んでて。


人の顔を見分ける能力を「記号着地能力」というそうですが、私は生まれつきこれが乏しいらしく、要するに人覚えが悪いのです。 恥ずかしながら未だに宮崎あおいと蒼井優の区別がつかず、かつては竹之内豊と反町隆史を互い違いに覚えてました。
当然、上の看板の男の人の顔の違いもわからなくて、私、ため息をつきながら一言、

「ああ、外人さんてやっぱ難しいね。 右の人と左の人、同じ人に見えるもの」


そしたら、隣にいた夫がすかさず一言、


「あれは同じ人です」


ダニエル・クレイグさんっていう、今のボンド俳優さんなんですってね。 とほほ。



« January 2009 | Main | March 2009 »